私有地へ不法投棄されないためにできる対策とは?

私有地に誰かがどこからか不法投棄されて困っているという方もいるかもしれませんが、粗大ゴミなど廃棄物の処分にはお金がかかりますので、捨てさせないための対策が必要ですよ。

塀や柵のない場所や侵入されやすく、管理されていない土地だったり、人通りが少なくて人目につきにくい場所も不法投棄されやすいですから注意しましょう。

また、すでに不法投棄されたまま放置されている場所も狙われやすいですよ。

日頃から私有地を綺麗にお手入れしておいたり、私有地を塀などで囲ったり、防犯カメラを設置しておくと良いでしょう。

不法投棄されたゴミは本来捨てた人が処分しなくてはいけませんが、捨てた人が見つからなかった場合は私有地の所有者が処分しなくてはいけなくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。