大容量の整理収納、オススメのポイントとは?

クローゼットや押入れなど、作り付けの大きい収納があるご家庭も多いかもしれませんが、大容量な収納スペースを使いこなしてスッキリ整理整頓しましょう。

大容量の収納スペースは、自分の目線から腰の位置までが中のスペース、自分の目線より上の部分を上のスペース、腰よりも下の部分が下のスペースとして区切って、使用頻度に応じて活用しましょう。

中のスペースはストレスなく簡単に出し入れがしやすいため、毎日から週に数回ほど使うという物を入れるのに適していますよ。

下のスペースは屈んだ姿勢で出し入れを行う必要がありますが、月に1回から数ヶ月に一回程度の頻度で使う物を収納しておくと良いでしょう。

上のスペースは手が届きにくくて踏み台などを用意する必要があるので、年に数回くらいしか使わない物を置いておくのにオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事